渡嘉敷night

IMGP6329_201604190721220dd.jpg
前日はクメジマで3時まで駆け回り就寝が結局4時頃、正直お疲れモード、赤いイモリはいなかったが
ハブ、マダラ、そしてオプションのリュウキュウイノシシ他多数も見たので最低ラインのノルマは達成、
宿に戻る事にした。
IMGP6319_20160419072120113.jpg
帰路は今回通ってないルートを選択、斜面から染み出た水が溜まった舛が有ったので停車、そこは
ホルスト天国だった。
オタマも居たが水中にも3匹、斜面の岩場いも1匹鎮座、こういうの見ると眠気もぶっ飛ぶ。
IMGP6316.jpg
少し下の草原にも、複数、足音を察知し1匹が斜面に大ジャンプ!その後駆け上がり姿を消す
しかし平場には逃げ遅れたのか逃げる気など無いのか、堂々と鎮座する大型個体、シャッター
を押しまくり、落ちついたところで車に戻る、何だかんだで1時過ぎでは有ったが満足いく渡嘉敷
の夜であった。
スポンサーサイト

たてにも読んで

IMGP6287_20160419072048096.jpg
ま~ヤマシナさんは穴の中に潜んで出てこなかったがこちらは外出中
だんぜん写真は撮り易い部類だけど、もたついたり、気を抜いたりすると、スッといなくなる
ライトは点けっぱなしがイイ、消すとその瞬間にスッといなくなる事が有るので
とうぜん僕らはそんなヘマはしない
かと思いきや結構やらかす
げんばに居ると予期せぬ事が有るからね
もういいやってくらい見たいもんだ、去年に続き今年も唯1匹
どきどきするよね1匹出るか出ないかの出会い
きんちょ~するさ逃がさないように撮るにはね。

わざわざ渡嘉敷行ったのに1泊、これぞ贅の極み?

高速船で泊より35分、渡嘉敷に渡り先ずはレンタカー、去年と同じトコなので手続きもスムーズ、宿泊するペンションの
場所も分かって居たので直ぐにチェックイン、大体がダイビング目的の旅行者の中でオーバーオールでカメラに長靴は
異質に映るだろうがどうせ山に入れば誰も居ないので気にする必要は無い。
IMGP6306.jpg
渡嘉敷は去年、赤の多いイモリを見つけてるので一番期待して居たのが真っ赤なイモリ。
しかしそうそう容易く願いが叶うなら面白い事など無い。
そう赤いイモリは見つけられなかった・・・・しかし、そこは渡嘉敷島、楽しめましたよ。
IMGP6302_20160419072050d95.jpg
やっぱり沖縄来たらハブでしょ、毎回見ては居るが個体数は少ない、故に見付けるとテンションは上がる。

久米島 ワォ

P4140019.jpg
たった1晩だけど楽しませてもらった久米島
何せ今まで見られなかったフィールドのリュウキュウヤマガメ、しかも2個体も
IMGP6220.jpg

それに考えもしなかったクメジマハイ、クメトカゲモドキも小さな個体1匹見つけたが
カメラでおさえる事が出来ずこれは残念それとハブも・・・(3時までがんばりましたが)
P4150034.jpg
これはマドボタルかな、ホタルもポイントや時間帯有るんでしょうがしっかりと見るまでの余裕は無いというか
正直対象外・・・・
P4150049.jpg
観光ポイントの熱帯魚の家、潮溜まりに沢山の魚、コバルトやクマノミも居ましたが良さ気な写真も撮れず・・・
P4150059.jpg
帰りは陽もさし暖かい日でしたがそば喰って泊経由で渡嘉敷へ、夕食は泊で地元の弁当を買ってと思っていましたが
時間帯が悪かったか閉店ガラガラでした~ワォ!

アカマタは久米島が綺麗

IMGP6275.jpg
久米島の個体は前情報の刷り込みの所為か綺麗なような気がする・・・
事実この個体も綺麗だった。
アーラ林道にて
プロフィール

Mr monday

Author:Mr monday
住んでる所は北海道でも頭の中は
亜熱帯subtropical LIFE

動物取扱業    
北海道第041510093号

特定動物飼養許可 
北海道第0414001001号

Gallery
FC2カウンター
DigitalClock
カレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
にほんブログ村